眼瞼下垂について mabuta1.com

まぶたが重い患者様におかれましては、まずは現在のまぶたに関する医療体制の奇妙な状況からご理解いただくと、これまでのあなたの病院遍歴が腑に落ちると思います。

当方がひたすらまぶたの重さを訴える患者様を中心に診察させていただき、
ほとんどの眼瞼下垂の患者様は
●眼の疲れやすさ
●頭痛
●眉間の痛み
●眼の奥の痛み
●首の後ろの凝り

などなど多くの症状をお持ちで、眼瞼下垂の手術が可能な医師のところへたどり着く前に、す で に いろんな病院で頭痛を診てもらったり、眼科専門医のところで視力や眼鏡の度を調べてもらったり、整体・マッサージを受けたりを打ってもらったりしています。

にもかかわらず、痛みの真の原因が眼瞼下垂であった場合には、眼瞼下垂見落されたままなので根治しません。

本当の原因を見落としてそこには手をつけず、対症療法だけだと1~数日だけは調子が良くても通院を延々と続ける必要があります。まぶたが正常かどうかはちゃんと診てもらえましたか

眼瞼下垂に関する検査・診断が行われてない現状があります。
眼の奥の痛み、頭痛首すじの痛みを診察する医療従事者は眼瞼下垂から痛みが来ている可能性も含めて診断を進めていかないといけないはずですが、まぶたの診断をしてくれたり、まぶたの専門家受診を勧めてくれる治療家がほとんど居ない状況です。

眼瞼下垂であるかどうかの診断は、簡単そうに見えて以外に奥が深く、眼瞼下垂手術に熟達した医師の元について一緒に判定していくか、手術と手術実物を数多く見ていかないと習得できない内容です。上まぶたの位置を変えるような眼瞼手術を一切行わない病院では体得できません。

実際には眼瞼下垂の診断が正確にできるかどうかが問題になる段階などではなく、そもそも眼瞼下垂という病気が自分のところに通っている患者さんの中に、主訴を引き起こしている原因が眼瞼下垂であるケースがあるのかもしれない想定すらできない治療家がほとんどです。

眼瞼下垂が上記に挙げたような症状を引き起こす以上、それらの症状で患者さんが集まる病院では
「ウチの科が扱う部位の痛みの原因の一つとして眼瞼の異常がありえるから、自分の専門分野じゃないけれど眼瞼の状態にも着目しよう」
「眼瞼下垂の有る無しの判定は専門外の自分には難しいから、眼瞼をしっかり診てくれる病院を紹介しよう」
このように動いてくださると理想的ですが、現実にはそのような医師はかなり少ないようです。

当方に受診されているのは、どの医療関係者に言われることもなく、ご本人で眼瞼下垂が原因なのではないかと気づき、ご本人でネットで調べてたどりついた人がほとんどです。当然、そのような事ができる患者様はごく一部です。(※一部、私と密に連絡をとっている数人の医師は、眼瞼の異常に気づいて紹介してくれるようになっています。)

頭痛外来の医師はもちろんの事、眼科の医師も
「眼瞼のことはよくわからない。形成外科が治してくれる分野じゃないの?もしくは美容外科がやればいい。」
というような感覚で眼瞼の病気の見落としを無意識に正当化している人が多いです。そういう姿勢では眼瞼下垂かどうかを見極める能力がつくはずがありません。その疾患を扱っていないと能力は落ちます。
※もちろん当方も現在扱っていない分野の疾患についての知識や治療技能は落ちていっています。

形成外科は扱う部位が手足耳鼻胸部など含め非常に広範囲にわたるため、眼瞼の治療を自信を持って行える形成外科医師はごく一部です。現に、眼瞼手術が特に専門ではない形成外科医だと紹介しても、あれこれ理由をつけて手術を断られています。

特に美容目的ではなく、眼瞼の治療であれば、形成外科医であっても眼瞼に特段の思い入れのない者にとっては「いや、それは眼科が治すべき病気でしょう」としか見えない事が多いため、「なんで眼科が治さないのか?」と疑問に思われているようです。

また、形成外科は比較的新しくできた診療科であり、形成外科がある医療機関が少なく、形成外科医で眼瞼手術ができる医師の多くが保険診療の病院を辞め自費の美容外科へ転職していくため、保険診療で眼瞼の治療を受けられる形成外科というのは非常に少なくなり、取り扱う疾患の種類が多くて医師が多忙な中、眼瞼の手術の許可が出るまでのハードルが高くなっております。

そもそも患者様が「目を開けづらい」と感じたとき、まず相談する先として浮かぶのは眼科であり、さきに形成外科へ行こうとする人はまれでしょう。

しかし国民の期待とは裏腹に、眼科ではまぶたの治療の経験があまり無い医師がほとんどです。
医師であっても自分の手で治した経験が無い病気に関してはなかなか気づけないです。眼科で相談される場合は眼瞼手術を扱っていると公式サイトに掲載している医療機関が良いです。しかし行ってみて実際の診察が別の医師であれば空振りに終わる事も多いです。

美容外科では眼瞼手術はすんなりやってもらえますが、手術代金がそもそも高額なのに加えて、いろいろな名目で追加料金を積み増す営業トークのプロの職員を雇っている所が多く、最終的にかなり高額の費用負担となります。

まとめ
●眼瞼の病気は多くの医師に当事者意識が薄く、眼瞼下垂から発生する症状さえも知らない医師が多く、見逃されている
● 〇〇科なら眼瞼について扱える、という診療科目での区分けはできず、実際眼瞼の状態を診断し治療できるかは医師個人の力量できまる。

そういった事がご理解いただければ、なぜあなたが(眼瞼下垂という病気であった場合)、いろんな病院や治療院をめぐっても一時的な対症療法しか受けられなくて、慢性的な痛みが根本から治らなかったのかが見えてきたと思います。

こういった現状について知った上で、当方への面談をご希望のかたはご予約ください。


続き  眼瞼下垂とその手術に関する解説は、勤務先でもあるこちらで読まれてください。